着物買取における着物に付着した汚れについて簡単に解説

着物買取における着物に付着した汚れについて簡単に解説

着物買取は着物に汚れがあっても買取してもらえる場合があります。
着物に汚れがあることを理由に、最初から諦めてしまうのはおすすめできません。
着物買取における着物に付着した汚れについて簡単に解説します。

着物に汚れが付着していても買取してもらえる可能性がある

外国人観光客が興味を持っていたり日本の古き良き文化を見直すブームがきているので、着物に対する需要は決して低くありません。
たとえ着物に汚れが付着していたとしても、断られずに買取してもらえる可能性があります。
そのため着物に汚れが付着しているだけで買取を断念するのは早計です。

汚れはないに越したことありませんが、着物を着たときに自然と見えなくなるような汚れなら基本的に問題ありません。
また、仮に汚れが見える位置にあったとしても、染め直すなどリメイクによって上手く再生される場合もあります。
最初から「買取は無理」と決めつけず、まずは業者に問い合わせたり無料で査定をしてもらうのがおすすめです。
業者によっては着物に汚れがあっても買取に対応してくれます。

あまりにも状態が悪い場合は買取してもらえない

いくら着物の需要が高いとはいえ、あまりにも状態が悪い場合は買取してもらえません。
たとえばはっきりと目立つ汚れが何か所もあったり、汚れ以外に破れや焦げた跡があったりなどです。
リメイクが難しい着物は修復させるのに多額の費用がかかってしまうため、買取を断られてしまう場合があります。
それを確かめる意味も含め、まずは業者に問い合わせて確認するのが無難です。

ただ、仮に最初の業者で断られたとしても、他の業者なら買取してもらえることもあります。
可能性は低いですが、どうしても着物買取を利用したい場合は諦めずに業者を探してみてください。

着物買取で汚れが気になる方へ!査定前にできる簡単なお手入れ方法

着物買取で汚れが気になる方へ!査定前にできる簡単なお手入れ方法

着物は長く大切に着たいものですが、時には手放すこともあります。着物買取を利用するとき、汚れがあると査定額が下がってしまうのではないかと心配になる方も多いでしょう。そこで、この記事では、査定前にできる着物の汚れの対処法と汚れがある場合の査定について解説していきます。

着物の汚れの種類と対処法

まず、着物の汚れの種類によって対処法が異なります。汚れは大きく分けて、以下の3つのタイプがあります。

  • 水溶性の汚れ:水やお茶、汗など
  • 油性の汚れ:油や化粧品、食べ物など
  • その他の汚れ:カビや虫食い、色移りなど

水溶性の汚れ

柔らかい布やティッシュで軽く押さえて吸い取ることができます。擦ったりこすったりすると、汚れが広がったり色落ちしたりする恐れがあるので注意してください。また、水や洗剤を使うと、繊維が傷んだりシミになったりする可能性が高いので避けましょう。

油性の汚れ

水溶性の汚れよりも落としにくいです。市販のクリーナーを使ってみることもできますが、着物によっては色落ちや変色を起こす場合もあるので、必ず目立たない部分で試してから使用してください。また、クリーナーを使った後は、柔らかい布やティッシュでしっかり拭き取ってください。

その他の汚れ

自分で落とすことが難しい場合が多いです。カビや虫食いは、着物の繊維を痛めてしまうだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。色移りは、他の衣類や収納場所にも影響を与える恐れがあります。このような汚れは、素人判断せずに専門業者に相談することをおすすめします。

汚れがある場合の査定

着物買取で汚れがある場合、査定額にどのような影響があるのでしょうか?また、査定を受ける際に注意すべきことは何でしょうか?ここでは、汚れがある場合の査定について解説していきます。

汚れがある場合、査定額は下がる可能性が高いです。汚れの程度によっても変わりますが、一般的には10~30%程度査定額が下がると言われています。特に、カビや虫食いなどの深刻な汚れは、査定額に大きなマイナスとなります。

査定を受ける際に注意すべきことは、正直に汚れの有無や程度を伝えることです。汚れを隠そうとしても、プロの目にはすぐに分かります。むしろ、隠そうとすると信用を失ってしまう可能性があります。信頼できる業者ならば、汚れがあっても適正な価格を提示してくれるはずです。

また、査定を受ける際には、複数の業者に見積もりを取ることもおすすめです。業者によって買取価格やサービス内容が異なるため、比較検討することで自分に合った業者を選ぶことができます。また、競争原理によって査定額が上がる可能性もあります。